2011年12月29日

年末年始営業のお知らせ

ホワイトギャラリーの年末年始の営業のご案内です。

年末の営業は12月28日で終了し
年始の営業は1月5日(木)から営業致します。

2012年は、霧島市在住の陶芸家松元博子さんの初窯展からのスタートです。

120105_matsumoto.jpg


本年もたくさんのお客様にご贔屓にして頂きありがとうございました。
来年も変わらずどうぞよろしくお願い致します。


ホワイトギャラリー
三坂基文 スタッフ一同





よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2011年12月22日

玉利潤子 絵画展 より

玉利潤子絵画展より作品の一部をご紹介します。

不思議な生き物や、擬人化された動物達です。

111217_07.jpg
『ポーズ』 額サイズW32×H27cm

111217_08.jpg
『カミカミ大好き』 額サイズW32×H27cm

111217_09.jpg
『数学者Mr.X』 額W44×H55.5cm

111217_10.jpg
『ちょっとおでかけ』 額W44×H55.5cm
 



−楽園の夢−
玉利潤子 絵画展

2011年12月17日(土)〜12月28日(水)(休月)


よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2011年12月18日

玉利潤子 絵画展 

111217_tamari.jpg

17日より玉利潤子さんの絵画展始まりました。
毎年恒例で、クリスマスの時期に開催しています。
今回は、絵画のみの展示です。

玉利さんの絵は、1点1点それぞれに物語りがあり、絵を観ていると音や話し声が聞こえてくるようです。

111217_02.jpg
「夢の楽園」 P120

111217_03.jpg
「本日もほのぼのと」 F30号

111217_04.jpg
小品もずらりと並んでいます。


−楽園の夢−
玉利潤子 絵画展

2011年12月17日(土)〜12月28日(水)(休月)


よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2011年12月13日

ミニバッグ

ストール100展となっていますが、コラージュのミニバッグもあります。

111213_04.jpg
廊下の壁にずらりと並んでとってもキュート。

同系色でまとめてあり、いろんな生地を使ったコラージュバッグです。
表裏の柄が違うのはもちろん、リバーシブルにもなっています。
ちょっとしたお出かけに活躍しそうです。
ギフトにも最適ですね。

コラージュミニバッグ
5,250円
サイズ 16.5cm×23cm(取手含まず)

111213_01.jpg
ブルー系

111213_02.jpg
オレンジ&レッド系

111213_03.jpg
モノクロ系



大谷敬司 ストール100展
2011年12月7日(水)〜12月28日(水)(休月)


よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2011年12月11日

−日々見知る− 堀藍 版画展 より

今回堀さんの作品は、シートの状態でも作品が届いています。
総数は70点以上!

シートの中から一部ご紹介。
111211_hori01.jpg
「HANAKO」 70×105cm

大胆な構図。
ゾウのはなこと聞くと、思わず絵本の「かわいそうなぞう」を思い出します。


111211_hori02.jpg
「Pa」 105×75cm

ある学校の放課後でしょうか?
垂れ幕のような物があるから、文化祭の準備かな?
という風に、色々と想像でき楽しいです。

111211_hori03.jpg
「dish」 37.5×26.5cm

はじめこの作品を観た時には、「風船かな?」と思ったのですがタイトルは「dish」
つまり「お皿」
よく見てみると奥にいる人は皿回しをしています。
色紙をテグスで引っぱり、画面上で立てるなど、新しい事にチャレンジしようとする姿勢がよく分かります。

111211_hori04.jpg
「木がじゃまで」 38×27cm

堀さんは、タイトルの付け方も面白い。
作品をみて、タイトルを見るとさらに想像が膨らみます。




−日々見知る−
堀藍 版画展

2011年12月3日(土)〜12月14日(水)(休月)


よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2011年12月09日

大谷敬司 ストール100展

111207_otani.jpg
12月7日(水)よりギャラリーショップにて「大谷敬司 ストール100展」開催してます。
通常のショップとだいぶイメージが変わっています。

111207_otani01.jpg
廊下には、ずらりと並んだパッチワークのバッグ。

111207_otani06.jpg

111207_otani08.jpg
タイトルは「ストール100展」となっていますが、実際には150アイテム程!
素材や、加工で布の表情が全く違います。

111207_otani14.jpg
モノトーンのストール達。
表裏と柄が違ったりして、首に巻いた時に違う色や柄がみえてオシャレです。


111207_otani02.jpg
初日には、全身ピンクの出で立ちの大谷さん(左)
流石作家ご自身。お似合いですね。

隣にはcoffee innovateの濱野さん。

彼らが巻いている「玉砂利」と題された生地は、ベースとなる生地に刺繍をし、その後薬品につけ生地を溶かし、刺繍だけを残しているそうです。
身にまとうと、下に着ている洋服の色が少し透けてみえて面白いです。

111207_otani12.jpg
作家の大谷さんと、美容室foundの門倉夫妻と当ギャラリーオーナー。

オープニングも大賑わいでした。
皆様ありがとうございます。


こちらにも写真を数点アップしてあります→Facebookページへ


大谷敬司 ストール100展
2011年12月7日(水)〜12月28日(水)(休月)


よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

−日々見知る− 堀藍 版画展

111203_hori.jpg

12月3日(土)より「−日々見知る− 堀藍 版画展」開催中です。

堀さんとの出会いは、美術手帖(2009年12月号)のアーティスト紹介のコーナーからでした。
あの手この手を使い、堀さんと連絡をとり、今回展覧会を開催していただく事になりました。

堀さんは、構図の取り方や白の余白の残し方がとっても独特。

111204_hori03.jpg
「MEISHO」

↑この作品などは水墨画を思わせます。


111204_hori12.jpg
また、描いている題材もとてもユニーク。
工事現場で働いている人達や、立ち食いそばを食べているおじさん。または、お相撲さんなどなど。
タイトルと合わせて見ていると、その情景を想像し「クスッ」と笑いたくなります。

こちらに作品も数点アップしていますので、どうぞご覧ください。→Facebookページへ


堀藍

略歴
1982年 東京都生まれ
2007年 武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻版画コース修了

個展 
2006年 「タイムリー」 Gallery福果 / 東京
2007年 「GENBA主義」 Gallery福果 / 東京
2008年 「info-MEISHO」 Gallery NATSUKA b.p / 東京
2009年 「We見る」 Gallery Jin / 東京
2010年 「聞き見知り」 Gallery福果 / 東京
2011年 「物有引力」  Ohshima fine art / 東京
2011年 「onakama」 Gallery NATSUKA / 東京

受賞歴
日本版画協会第25回記念版画展 協会賞

コレクション
町田市立国際版画美術館



−日々見知る−
堀藍 版画展

2011年12月3日(土)〜12月14日(水)(休月)


よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2011年11月22日

東 日出夫 漆展 KAMAKURA

azumadm01.jpg
19日(土)より「東 日出夫 漆展 KAMAKURA」開催中です。

オーナーの三坂が、オープン当時から漆の展覧会を開催するのだったら、東さんにお願いしたい!と願い続けて19年目。やっとその思いが実現しました。

東さんの作品は、伝統的技法をおさえつつも、装飾表現はモダンでアート的です。

DMにも使用しているこの作品の椿の幹の部分は、桜島の火山灰を漆にねり込みこのような質感をだしているそうです。

他にも仏具の一種厨子も見応えがあります!
111119_azumadm06.jpg

111119_azumadm01.jpg
東さんの作品でよく見られる「文字」
「殷墟文字」といい、殷王朝の遺跡から発掘された中国の漢字の原型だそうです。
この椀に書いてある文字にも意味があるんですよ。




KAMAKURA
東 日出夫 漆展

2011年11月19日(土)〜11月30日(水)(休月)


よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2011年10月29日

「イサム・ノグチ 生誕100年」より

先日紹介した「イサム・ノグチ 生誕100年」より、坂口さんとイサム・ノグチ氏との日常が良くわかる文章がありましたので少しご紹介します。

111029_01.jpg
REFLECT(BLUE) 1976年 183×338cm


インプロビゼーション(即興)を通して、この若きアーティストは、
かつい学んできた規模をひとつひとつ排除することによりマインドを凌ぐ、即ち“凌駕する”道を探求している。
この期間に満ちた道のりを通じて、坂口登は、彼の内奥の本質を露にする術を見いだしているに違いない。
1982年4月27日 イサム・ノグチ

↓クリックして拡大
111029_02.jpg








坂口 登 絵画展 40年の軌跡
2011年10月22日(土)〜11月2日(水)(休月)

よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2011年10月26日

「イサム・ノグチ 生誕100年」より

111026_02.jpg 111026_03..jpg

「イサム・ノグチ 生誕100年」出版社: エクスナレッジ (2004/7/9)
ニューヨークでのイサム・ノグチ氏について、坂口登さんのインタビューが掲載されています。
最後のアシスタントを務めた坂口さんから見たイサム・ノグチ氏。
読んでいると、自由で子どもっぽかったイムサ・ノグチという人が伺えます。

以前、坂口さんに直接イサム・ノグチについて聞いた事があります。
その時話してくれたのが、「同じ東洋人だから美しいと思うものが合ったのかもしれない。」と言ってました。

この本はギャラリーにも置いてありますので、是非読んでみてください。
おすすめです。






坂口 登 絵画展 40年の軌跡
2011年10月22日(土)〜11月2日(水)(休月)

よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2011年10月22日

坂口 登 絵画展 40年の軌跡

111022_sakaguchi.jpg
坂口さんは、ホワイトギャラリーが長くお付き合いいただいている作家さんの一人です。
今回で8回目の展覧会になります。

今回は、「40年の軌跡」と題して過去の作品も展示してあります。
坂口さんの独自の技法スプラッシュで描かれた抽象画(点描)の部分には、いろいろな意味があります。
砂漠、宇宙など…。
以前坂口さんに作品について聞いたとき、こう答えてくれました。

「点の中に全て僕の想いが込められていたのですが、1つが2つに分かれ、形が入り、色、イメージが入っていくようになり地球生命を見るように変わってきたんです。
1つのきっかけはロスにいた頃、死に谷といわれていたデスバレーに月に1度ぐらい遊びに行っていたんです。その時僕には、これからの地球も見えたし、始まりも見えた。そこには化石もあって昔は海だった事も分かった。いずれは地球は砂漠化して行くのではないかという予感とイメージが浮かびました。」


今回は過去の作品も展示してあるので、
抽象×抽象の絵。
抽象×抽象の中に海の生物が出てきた絵。
そして、現在の抽象×具象(花)の絵に変わってきた経緯が良くわかります。

坂口さんの絵は無条件に「キレイ」という言葉が出てきます。

DMに使用した大作「REFLECT(BLUE)1976年 183×338cm」を見つめていると、その点の世界に吸込まれていくような気持ちになります。


111022_sakaguchi02.jpg


坂口 登 絵画展 40年の軌跡
2011年10月22日(土)〜11月2日(水)(休月)

よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2011年10月18日

「付け襟」展

111011_01.jpg
ブログでのご紹介が遅くなりましたが、11日よりギャラリーショップで「付け襟」展開催中です。

襟元のお洒落に「付け襟」はいかがですか?
ちょっと首廻りに付けるだけでガラッとイメージが変わります。

細かいディテールにいたるまで、NUNO、NUNO WORKSのテキスタイル素材を使っています。

11100_13.jpg
黒のカットソーに付けるだけで、エレガントな雰囲気に。

11100_15.jpg
こちらなどは、ぐるりと首に巻いてボリュームを出してストールに。

イメージしやすい様に、何枚か写真を撮りましたのでこちらからどうぞ→Facebookページへ



「付け襟」展
2011年10月11日(火)〜10月23日(日)(休月)

よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2011年10月11日

深堀知子 陶展 舞台裏

いつも展示もこだわっているのですが、今回の展覧会は特にこだわりました。
(というか頑張りました!)

まず、深堀さんからこういう展示をしたいというラフ案を書いてもらい、どういう展示をやりたいのか分かったのですが、展示什器がないから難しいな…。

…。

という訳で展示什器を作っちゃいました。

2011-10-06 14.20.05.jpg
組み立てる前の板。
これをビス打ちしてボックス状に。

111011_02.jpg 111011_03.jpg
ビス穴にパテを埋めて、その後ペンキ塗り。


楽しい展示空間にしたいという要望に応え、壁に設置するタイプの什器も作りました。
同じじゃつまらないので、深堀さんとスタッフの私でランダムに組み立て壁に設置。
更にペンキ塗り!
302027_257531754282325_198732676828900_655317_624145919_n.jpg 312145_257531784282322_198732676828900_655319_2070815311_n-1.jpg 320661_257531810948986_198732676828900_655321_799714183_n.jpg

308783_257531874282313_198732676828900_655325_2040418488_n.jpg
展示台完成。展示台自体もオブジェのような感じなりました。


そして、作品を設置して深堀さんの求めていた展示空間が仕上りました。
作品もよく映えます。
312990_257531987615635_198732676828900_655334_878650613_n.jpg

313391_257531960948971_198732676828900_655331_181727235_n.jpg


最近FacebookでWhite Galleryのページを作り、少しずつ充実してきました。
Facebookをしていない人からも見えるので是非見てみてください。
こちらをクリック→Facebook





空を運ぶ庭 深堀知子 陶展
2011年10月8日(土)〜10月19日(水)(休月)



よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2011年10月10日

空を運ぶ庭 深堀知子 陶展

111008_fukahori.jpg

8日より「空を運ぶ庭 深堀知子 陶展」始まっています。

会場に入ると深堀さんの世界が広がっています。

深堀さんの個展は、今回が初めてですが、沖縄展から数えると今回で3回目。

今回は、動物が増えてきたような気がします。と思えば箱から「にゅっ」と伸びた足。

111009_02.jpg
深堀さんの新作「女の子」シリーズ。

ご本人もとっても気に入っているようです。

他にも手のひらサイズのオブジェが沢山ならんでいます。

111009_09.jpg 111009_07.jpg 111009_03.jpg


オブジェだけではなく器も充実しています。

111009_04.jpg 111009_05.jpg 111009_06.jpg




空を運ぶ庭 深堀知子 陶展
2011年10月8日(土)〜10月19日(水)(休月)



よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2011年10月02日

ラファエル ナバス 絵画的陶の器展 より

ナバスの展覧会は、会場に入ると無条件に「かわいい!」と言いたくなるような作品たちです。
楽しく造形されたであろうカタチ。自由に描かれた絵。
ナバスの器は、使う楽しみが広がります。

111002_01.jpg
ピンク系の器たち。

111002_02.jpg
ブルー系のカップ&ソーサー

111002_03.jpg
グリーン系の器。
カップ&ソーサーは、カップを持ち上げた時も楽しみがあります。

111002_04.jpg
大皿 径約34cm

111002_06.jpg
モノトーンの中鉢
シックで使いやすいサイズです。


111002_05.jpg
ポットとフリーカップ
フリーカップは小鉢としても使えます。







ラファエル ナバス 絵画的陶の器展

2011年9月24日(土)〜10月5日(水)(休月)



よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 17:13| Comment(1) | TrackBack(0) | ギャラリー

2011年09月27日

ラファエル・ナバス 搬入〜オープニングパーティー

ナバスは展示にもこだわりがあり、今回の展示台は吉野にあるしょうぶ学園から借りてきたものです。

展示台を借りに行くと言って出かけて、なかなか帰ってこないなーと思っていたら、なんとしょうぶ学園の工房を借りて板を削りだしたりしていたそうです!

ここまでくると、このこだわりは本物です!

110926_09.jpg
左 いつもお手伝いしていただいているEさん。いつもありがとうございます。

110926_11.jpg
板をブロックにのせ配置を考えるナバス。

110926_12.jpg
納得のいくまで配置をかえて、作品を展示していくナバス。

110926_14.jpg
ペイントして削りだされた板に、ナバスの作品が良く映えます。


110925_01.jpg 110926_16.jpg 110926_17.jpg
オープニングパーティーには、ナバスとの交流も深いしょうぶ学園の方々や、お客様がたくさん来てくださり、賑やかな夜でした。






ラファエル ナバス 絵画的陶の器展

2011年9月24日(土)〜10月5日(水)(休月)



よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

ラファエル・ナバス 絵画的陶の器展

110926_01.jpg
24日(土)よりラファエル・ナバス絵画的陶の器展開催中です。

カラフルでユニークな作品達が並んでいます。見たら無条件に「かわいい!」と言いたくなるような作品達ばかりです。

110924_02.jpg
大降りのマグカップ。

110924_03.jpg
カップ&ソーサー

110924_06.jpg
花をかたどったお皿。絵柄もキュートでセクシー。

110926_05.jpg
ポット類

110926_07.jpg
陶板

110926_08.jpg
モノトーンの角鉢。

110926_13.jpg
今回DMに使用した人形。
彼らはカップルで、2体1セットです。




ラファエル ナバス 絵画的陶の器展

2011年9月24日(土)〜10月5日(水)(休月)



よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2011年09月17日

ラファエル ナバス 絵画的陶の器展

110924_navas.jpg
ナバスとの出会いは、3年前の夏。
しょうぶ学園の福森伸さんが「面白い作家さんがいるよと」ギャラリーに連れてきてくれました。

スペイン生まれで、版画を勉強するために日本へやってきて、現在は愛知県常滑市に住んでいます。
彼は、版画だけではなく、陶芸、木工、金工、テキスタイル様々なジャンルの作品を制作、発表しています。

2年前は、陶と布で作った展覧会を開催してもらいましたが、今回は、陶にしぼっての展覧会です。

形はもちろん、焼物に描いてある絵がなんといっても面白いです。

DMは陶で作った人形ですが、器もたくさん来るそうです。

110917_03.jpg
いろいろな方向から絵が描いてあるポット

110917_04.jpg
何を入れるか、考えるのが楽しい瓶。

他にもカップ等も揃いますので、是非会場にお越し下さい。


略歴
1964 スペイン・ハエン県生まれ、現在愛知県常滑市在住
1984 セビリア大学美術科卒業
1985 バルセロナ大学サンジョルディ校舎美術学科修士号取得
1986 バルセロナ大学サンジョルディ校舎美術学科博士課程修了
1992 来日、愛知県立窯業学校陶芸専攻科入学
1993 愛知県立芸術大学版種研究生

全国各地にて個展・グループ展開催。





ラファエル ナバス 絵画的陶の器展

2011年9月24日(土)〜10月5日(水)(休月)



よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 16:10| Comment(2) | TrackBack(0) | ギャラリー

2011年09月16日

Quantize新作ストール

ここ数日鹿児島市内は灰に悩まされますね。
恵の雨と思ったら、灰雨…。台風も接近してるようなので、降り積もった灰を洗い流して欲しいです。

さて、Quantizeの新作ストールをご紹介します。
110911_05.jpg
版画モコモコストール。

ただかけてあるだけだと、良くわからないので敏腕マネージャーの季春ちゃんをモデルにご紹介!

110917_01.jpg
この様にロングベストの用にも!

110917_02.jpg
布の出し方でワンピース風にもなります。

もちろん、普通に巻いて楽しむ事も出来ます。

これだけの大判のストールを持っていると、いろいろと応用が出来るので重宝しますね。


Quantize Exhibition V
2011年9月10日(土)〜9月21日(水)(休月)


よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2011年09月11日

Quantize Exhibition V

110911_01.jpg

10日よりQuantize Exhibition V始まりました。


110911_08.jpg
このスタイル抜群のマネキンが着ているケープと、後ろの版画シャツワンピースに、差し色で入っている赤は、大島紬を使用しています。

モノトーンに鮮やかな赤がよく映えます。

110911_05.jpg
もこもこのフリルがついたリバーシブルスカーフ。
こちらも、いろいろな着こなしができます。

110911_03.jpg
竹之内さんの版画柄を使用した小物類も充実しています。

110911_09.jpg
そして、今年始めて登場したトートバッグ。
たっぷりサイズでA4はもちろん、ノートパソコン等も入るので仕事用バッグとしても、ママバッグとしても幅広く活躍します。
こちら数量限定ですのでお早めに。


110911_04.jpg
そして、今回お買上げのお客様にプレゼントしているPatissier Quantizeのケーキ石鹸
早速使ってみたら、きめ細かい泡立ち。そして、キャラメルの甘ーい香り。
とっても質のいい石鹸です。







Quantize Exhibition V
2011年9月10日(土)〜9月21日(水)(休月)


よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー