2012年05月26日

中之間ともこ 絵画展

120526_nakanoma.jpg

本日より「中之間ともこ 絵画展」開催中です。

中之間さんは、鹿児島在住の若手作家で当ギャラリーでは6年振り2回目の開催となります。
今回は、100号や50号といった大作にも挑戦してくれました。

ここ数年の絵も展示しているので、かなりのボリュームになり見応えがあります。

120526_01.jpg

120526_02.jpg





あしたのいろ
中之間ともこ 絵画展

2012年5月26日(土)〜6月7日(木)(休月)




よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年05月13日

八幡 はるみ exhibition

120512_yahata02.jpg
5月12日(土)より「八幡 はるみ exhibition」開催中です。

八幡はるみさんの展覧会は、8年振りの開催で2回目の展示になります。
今回はタイトルに「-arts and products-」とあるように、ファインアートからプロダクトまで紹介しています。

ギャラリーの空間はファインアート。
120512_yahataph01.jpg
一番奥の作品「Kaleidoscope」
サイズW160×W270cmの大作。南国をイメージさせる植物や果物。布の特性を生かし、ふわっと展示しています。

120512_yahataph03.jpg
「エンブロイダリーパネル」
サイズ40×40×4cm
デジタルプリントに刺繍が施してあります。

120512_yahataph05.jpg
浴衣地
ポップな柄、古典的な柄。モダンな浴衣が仕上ります。
タペストリーにしても素敵です。

120512_yahataph06.jpg



1階奥のショップはプロダクトの空間。
2012-05-13 15.21.55.jpg


120512_yahataph12.jpg 120512_yahataph13.jpg
こちらは、エコバッグ。ポップな柄が目を引きます。

120512_yahataph14.jpg 120512_yahataph15.jpg
トートバッグ。
表と裏でこんなにデザインが違います。
生地は倉敷帆布を使用していて、A4サイズの物がさっと入り、内ポケットもついている優れもの。

120512_yahataph17.jpg
半袖シャツ
カッターシャツスタイルで、綿100%。

120512_yahataph18.jpg 120512_yahataph19.jpg
アロハシャツ
綿素材のものと、モリスン(ウール100%)とあります。
モリスンは、夏は涼しく、冬は暖かい素材です。シワにもならないのでアイロンもかけなくてOK。



-arts and products-
八幡 はるみ exhibition

2012年5月12日(土)〜5月24日(木)(休月)



よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年05月03日

「小千谷縮×NUNO」

120428_nuno.jpg
ギャラリー1階奥のショップにて「小千谷縮×NUNO」を開催中です。


小千谷縮(おぢやちぢみ)は、新潟県小千谷市周辺を生産地とする麻織物で、南魚沼市を生産地とする越後上布と共に、2009年テキスタイルでは日本ではじめてユネスコの無形文化遺産に登録されました。

サラサラ、シャリシャリとした涼しい質感で、また、ジャブジャブ洗えて丈夫です。

120429_nuno01.jpg
その小千谷縮を使いNUNOが、洋服やクッション等、身近なアイテムを作りました。
今からの季節におすすめです。


「小千谷縮×NUNO」
期間 2012年4月28日(土)〜5月10日(木)(休月)



よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年05月02日

NUNO×須藤玲子

120502_03.jpg
NUNOと代表の須藤玲子さんについてご紹介します。


ホワイトギャラリー1階奥ショップにて開催中
「小千谷縮×NUNO」
期間 2012年4月28日(土)〜5月10日(木)(休月)


NUNOは、1984年にテキスタイルプランナーの新井淳一氏が設立し、アトリエと共に六本木AXISビルにショップをオープンしました。その後、新井淳一氏が作家活動に専念するということで、現代表である須藤玲子さんが数人のメンバーと引き継いで運営をしています。

NUNOがつくっている布は、伝統工芸のような高価な布ではなく大量生産される布でもありません。工場の機械で織る工業製品を基本にしています。
また、ほとんどの布は日本国内で生産されています。日本には、伝統的な技を伝承する素晴らしい職人がして、彼らの卓越した技術に支えられて、NUNOの布づくりは続けることができているそうです。

NUNOが生み出した作品の数々は、ニューヨーク近代美術館(MoMA)やメトロポリタン美術館、東京国立近代美術館工芸館など、国内外の20カ所(約170点)を越える美術館にパーマネントコレクション(永久保存)されています。

120502_06.jpg

また、2006年にオープンしたマンダリンオリエンタルホテル東京全館のテキスタイルを手掛け高い評価を得ました。日本の布にこだわったデザイン提案でコンペを勝ち抜き、このプロジェクトの為に全国12都市の40社にも及ぶ工場の協力を得たそうです。

120502_04.jpg

代表の須藤玲子さんは、武蔵野美術大学テキスタイル研究室助手を経て、新井淳一氏らと共にNUNOを設立。マンダリンオリエンタルホテル東京のテキスタイルを手掛けた功績が評価され、毎日デザイン賞を受賞。現在は、東京造形大学の教授もされています。

ちなみに、当ギャラリーオーナーとは、武蔵野美術大学の助手時代の同期であります。
そういった繋がりもあり、長年お付き合いさせていただいています。


0806_mmag_02.jpg 120502_02.jpg
須藤玲子さんの代表作「羽オーガンジー」
二重に織った薄いオーガンジーの中に羽を入れたもので、20年近く経った今も作り続けています。
二重織りでポケットを織り、そのポケットの口が閉じる前に一旦機械を止め、そこへ人が羽を一枚ずつポケットに入れ、入れ終わるとまたスイッチを入れ機械を動かしそれを繰り返すというとても根気いる行程を経て仕上っています。
今、頑張ってくれているご高齢の職人さんが引退されたら、この布は作れなくなるかもしれないそうです。




よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ

posted by meg at 17:49| Comment(4) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年04月19日

ニューヨーク通信 西彩加 ジュエリー展 U

120428_nishi.jpg

鹿児島出身、NY在住のジュエリーデザイナー西彩加の2度目の展覧会です。
今回、DMのイメージはウロコモチーフのリングを魚がくわえているという、かなりインパクトのある写真です。

くもの巣、さんご、セル(細胞)、ボーン(骨)、魚のうろこ・・・。
自然の中の美しい発見をジュエリーにしています。
今回は、人間の細胞をイメージした、レースの様なイメージのセル(細胞)ブレスレット、チェーンで繋がっているパールのスパイダーリングとスパイダーウェッブのブレスレットなどの新作も発表します。

昨年の会場風景

http://www.white-gallery.com/exhibition/ex_2011ph/110514_nishi/110514_nishi.html


こちらから作品や映像作品もご覧いただけます。

Ayaka Nishi Website
http://www.ayakanishi.com/


ニューヨーク通信
西彩加 ジュエリー展 U

2012年4月28日(土)〜5月10日(木)(休月)



よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年04月10日

Kim, min-jeong 企画展

120414_kim.jpg

14日(土)からの展示は、韓国(ソウル)のテキスタイル作家キムミンジョンさんの展覧会です。

キムさんは、ソウルの祥明大学校造形芸術デザイン学科博士課程修了。
2009〜2012年、武蔵野美術大学のテキスタイル研究員として活動。現在テキスタイルプランナー新井淳一の織物を研究中です。

テキスタイルプランナー新井淳一さんは、新素材、新技術と日本の伝統技術を融合し、常に新しい布作りをしてきた人です。また、NUNOの創立者でもあり、三宅一生、川久保玲をはじめファッションの世界にも多大なる影響を与えました。
新井淳一について詳しくはコチラをご覧ください→クリック

120410_01.jpg 120410_02.jpg 120410_03.jpg

キムさんは武蔵野美術大学の研究生として来日し、新井淳一さんの布(テキスタイル)を研究テーマにしています。今まで作られてきた新井淳一さんの膨大な布を、いつ作られたものなのか、素材、技術を実際に布を織っている桐生に行き話を聞き、学び、東京、ソウルを行き来し資料をまとめています。

そんな研究をしながら、桐生や京都で彼女自身の布作りもしています。
日本各地、韓国をフットワーク軽く飛び交うキムさんの展覧会楽しみです。

色を着る2012
Kim, min-jeong 企画展

2012年4月14日(土)〜4月26日(木)(休月)


120410_04.jpg
↑ソウルで行われた展覧会のDM

5670480.jpg

5670710.jpg


14日(土)、15日(日)のお昼ぐらいまで在廊しています。
日本語も堪能ですので、ぜひ交流にお越し下さい。


120410_05.jpg
韓国・ソウルのギャラリーにて
キムさんと私。




よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年03月22日

黒木周 版画展U −colors and shapes−

120331_kuroki.jpg
都城在住の版画家・黒木周さんの2回目の展覧会です。

黒木さんの作品は、ベニヤ板に布を張り込んだ版でリトグラフの技法を用いて、独自の技法(クロスグラフ)で制作しています。
形は幾何形態でシンプルですけど、色調は木版の上に布を着せ、重ねたりずらしたりすることによって、微妙な布の質感が表出してきます。

昨年は、プレス機を持ってきてもらい版画教室なども開催しました。
120322kuroki_07.jpg 120322kuroki_08.jpg 120322kuroki_09.jpg

幾何学的な形状、柔らかいトーンの作品はどんな空間にもなじみやすいので、インテリアとしても幅広く使われています。

120322kuroki_01.jpg

120322kuroki_02.jpg

120322kuroki_03.jpg

120322kuroki_04.jpg

120322kuroki_05.jpg

120322kuroki_06.jpg
軸装仕立てもあります。
モダンな空間になりますね。

気軽に楽しめるのも版画の魅力の一つです。

120322kuroki_11.jpg
こちらは、床の間に納めた作品。
額装でも和の空間に馴染みます。


colors and shapes
黒木周 版画展U

期間 2012年3月31日(土)〜4月12日(木)

よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年03月17日

SHOICHIRO IBUSHI LEATHER WORKS EXHIBITION 本日から

120317_02.jpg
本日から「SHOICHIRO IBUSHI LEATHER WORKS EXHIBITION」始まりました。

天文館にもショップを構える飯伏さん。詳細はこちら→RHYTHM
普段とは違うものを作りたいということで、使っている素材などにもこだわっています。
泳ぐダイヤモンドと言われる「エイ」の革や、ゾウの革等々。
ほとんどが1点ものとなっていますので、気になっている方はお早めに。

120317_07.jpg

120317_06.jpg
こちらは、革で作られたランプ。
ずらりと並んでいて圧巻です。
壁にうつり込む影もキレイなので狭い空間に、設置したらおもしろいでしょうね。



SHOICHIRO IBUSHI
LEATHER WORKS
EXHIBITION


2012年3月17日(土)〜3月29日(木)(休月)



よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年03月11日

鹿児島レポート

120303_09.jpg
バーンロムサイの名取美穂さんが、鹿児島でのレポートを書いてくださいました。

素敵に紹介してくれています。
こちらを→クリック




バーンロムサイ展

2012年3月3日(土)〜3月15日(木)(休月)

よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年03月09日

SHOICHIRO IBUSHI LEATHER WORKS EXHIBITION

120317_ibushi.jpg
鹿児島在住の飯伏正一郎さんのレザーブランド「RHYTHM」
いろいろなイベントに出られているので、ご存知の方も多いかと思います。

今回、当ギャラリーで初個展。
普段のプロダクトから離れ、ひと味違う魅せ方をしてくれるそうです。
どんな作品たちが届くか楽しみです。




素材と手縫いにこだわったレザーブランド「RHYTHM」主宰。
手でつくるプロダクトを意識したアイテムを発表しています。

今回は、普段のプロダクトから離れ、1点ものを中心に
「革職人・飯伏正一郎」の「作品」を展示いたします。


http://www.rhythm2010.com

SHOICHIRO IBUSHI
LEATHER WORKS
EXHIBITION


2012年3月17日(土)〜3月29日(木)(休月)



よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年03月02日

明日からバーンロムサイ展

120302_banromsai02.jpg
「バーンロムサイ」とは…
タイ、チェンマイ郊外にあるエイズ感染孤児達が暮らす施設です。
現在7歳から19歳の30人の子どもが、抗HIV治癒のおかげで未来に夢をもち、元気に生活しております。

120302_banromsai03.jpg
助からない存在から未来のある子ども達へ
バーンロムサイでは多くの皆さまからのご支援とご協力のおかげで抗HIV療法を2002年10月から始めることが出来ました。それ以降エイズを発症する子どもは一人もおりません。開園当初からこの治療法が確立されていたなら、10人の子どもの命も失わずにすんだかも知れない、と考えると悔しい思いがいたします。

120302_banromsai01.jpg
自立への試み「もの作り」
寄付だけに頼らず、自分たちで生活費を稼いでいきたいとの願いから、もの作りを始めて8年、気に入った物を買っていただくこと、それがバーンロムサイの支援となり、子どもたち一人ひとりの夢の実現へと繋がります。このような理由でもの作りを始めましたことをご理解いただけると幸いです。バーンロムサイの子どもたちの命を支えてくださっている皆さまに日々感謝いたしております。

バーンロムサイ代表 名取美和


120302_banromsai04.jpg
「バーンロムサイ」とはタイ語で「ガジュマルの木の下の家」
大きくどっしりとした大地に根を張ったガジュマルの木には神様が宿ると信じられ、その木は暑い時には日陰を、雨が降った時には雨宿り場を人々にあたえてくれます。
その名のように子どもたちが安心して暮らし、学び、遊べる場でこれからもありたいと願っております。



http://www.banromsai.jp




バーンロムサイ展

2012年3月3日(土)〜3月15日(木)(休月)

よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年02月26日

バーンロムサイ展

120303_banromsai.jpg

2年振りのバーンロムサイの展覧会です。

今回は、カレン族のおばあちゃんたちが育てた綿花を紡いで、織って、草木で染めてみました。
ふかふかしたやさしい風合いの腰織り地を使ったマットやポーチ。
ダブルガーゼや絹、様々な心地よい素材で作ったワイドパンツはシルエット自慢の新作です。
是非この機会にバーンロムサイの商品に触れてみてください。


「バーンロムサイ」はタイ・チェンマイ市にあるHIV感染孤児の生活施設です。子どもの未来のために、将来の自立を目指した物作りをしています。
↓詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.banromsai.jp




バーンロムサイ展

2012年3月3日(土)〜3月15日(木)(休月)

よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年02月25日

TODAY’S ART TEXTILE XXVI

120218_todays.jpg


毎年、この時期に開催している「TODAY’S ART TEXTILE」展です。

今年のホワイトギャラリーの出品者は

鍵渡路子
仲佐史恵
島本沙織
古屋冴

の4名です。

皆さん卒展の為に作った作品を持ってきているので大作揃いです。

こちらのFacebookページに作品をアップしてあります。
どうぞご覧ください。


TODAY’S ART TEXTILEのサイト
http://www.spinn-aker.co.jp/todays-art-textile.htm


TODAY'S ART TEXTILE XXVI
2012年2月18日(土)〜2月29日(水)(休月)

よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年02月14日

上原由布

本日ご紹介するのは、上原由布さん。
上原さんは始めての参加になります。

120205_21.jpg
ゼブラ鉢

このゼブラ柄の鉢は、彼女がNY旅行に行った時に舞台「ライオンキング」を観て感動しそれからゼブラ柄を作る様になったそうです。
中のトルコブルーも素敵です。

120205_22.jpg
ふた付きどんぶり

ふた付きのどんぶり。持ち手のところもかわいいです。

120214_03.jpg
れんげ

どんぶりに合わせて作ってきてくれたれんげ。
柄もゼブラ柄と水玉といろいろあります。
薬味を入れて使っても良いですね。

120214_01.jpg
蓋物

白いぷっくりとした蓋物。
蓋の部分には海の生き物をイメージさせるような物がついています。
上原さんに聞いてみたところ、特に海のイメージで制作している訳ではないそうですが、沖縄で生まれ育ったので、上原さんの根底の部分に海のイメージがあるのでしょうね。

120214_02.jpg




沖縄の新しいカタチ IV 陶芸展
2012年2月4日(土)〜2月15日(水)

よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年02月10日

沖縄の色 東恩納美架

現在展覧会開催中の陶芸展より、作家さんをご紹介していきたいと思います。
まずは東恩納美架さん。
今回で3回目の参加になります。

120210_07.jpg
ピッチャー、どんぶり、角皿、マグカップ、丸皿など

120210_08.jpg

120210_09.jpg
角皿
使わない時には壁に掛けられます。


東恩納さんの特徴は、なんといってもこの柔らかいパステル調の色彩だと思います。
以前、東恩納さんに伺ったところ、沖縄の建物はコンクリートに直接ビビットな色のペンキを塗り、それが紫外線により色がとび、またそこに違う色を塗り重ねるという事を繰り返して、東恩納さんの作品のような街並があるそうです。

東恩納さんに持ってきてもらった写真がまさにそんな感じでした!
こういった壁から、イメージを膨らまし作品作りをしているのでしょうね。
朽ち果てた壁や錆がいい風合いです。

120210_02.jpg 120210_05.jpg 120210_11.jpg
120210_01.jpg 120210_03.jpg 120210_06.jpg 120210_10.jpg

120205_19.jpg
どんぶり

120205_20.jpg



沖縄の新しいカタチ IV 陶芸展
2012年2月4日(土)〜2月15日(水)

よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年02月01日

沖縄の新しいカタチ IV 陶芸展

120204_okinawa.jpg
“沖縄”というくくりでの陶芸展も今回で4回目を数えます。

今回は共通のテーマとしてソーキそばが似合いそうな「どんぶり」を作ってもらいました。
同じ「どんぶり」でも作風が全く違うので、見ていて面白いです。

120201_01.jpg
一番左と一番右 東恩納美架
左から2番目 増田良平
左から3番目 上原由布
左から4番目 赤嶺学

オープニングパーティーには、沖縄から赤嶺学さん、増田良平さん、上原由布さんもいらっしゃいます。
是非交流にいらしてください。



沖縄の新しいカタチ IV 陶芸展
2012年2月4日(土)〜2月15日(水)

よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年01月27日

高祖かず子 ニットワーク展 より

120121_kouso09.jpg

120121_kouso10.jpg

高祖かず子 ニットワーク展 U好評開催中です。

高祖さんのニットは、糸から染められているので色がとてもキレイ。
1回目の展示の時よりも、さらに色鮮やかになったような気がします。

また、高祖さんのニットは遊び心がたくさん。
こちらのニットのように、上、下、横と3方向から頭を出す事ができます。
着方によって出てくる柄が違うので、その日の気分によって変えられます。
120121_kouso16.jpg 120121_kouso15.jpg






高祖かず子 ニットワーク展 U

2012年1月21日(土)〜2月2日(木)(月休)


よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年01月20日

高祖かず子 ニットワーク展 U

120121_kouso.jpg
明日より、高祖かず子 ニットワーク展 Uが始まります。

高祖さんのニット展は、2回目になります。
1回目の様子はこちらから→クリック12


Ajk5ZC9CMAApyAC.jpg
既に展示が終わり色鮮やかな空間になっています。

高祖さんのニットは、いく通りにも着ることが出来るので着る楽しみが倍増します。
こちらのページで少し着方を紹介しています。

明日のオープニングパーティーには、作家の高祖かず子さんもいらしているので、是非お出かけ下さい。



高祖かず子 ニットワーク展 U

2012年1月21日(土)〜2月2日(木)(月休)


よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年01月10日

松元博子展より

松元博子展好評開催中です。

今回の博子さんの自信作!陶で作られた時計です。
2012-01-10 15.21.14.jpg 2012-01-10 15.21.45.jpg

サイズ 約W10×H10×D3.5cm
15,000円

手のひらサイズの壁掛け時計。
いろんなバリエーションがあります。

時計という事で↓こんな感じて展示しています。
120105_09.jpg

他にも
2012-01-10 15.21.54.jpg 2012-01-10 15.22.04.jpg

文字盤は陶で回りは革で作られている時計
サイズ W8×H15.5×D4.5cm
価格 20,000円

2012-01-10 15.22.15.jpg 2012-01-10 15.22.29.jpg

こちらは、文字の所にスワロフスキーが埋め込んであります。
きらっと光ってキレイです。

サイズ W10×H10×D3.5cm
価格 18,000円




松元 博子 初窯展
2012年1月5日(木)〜1月19日(木)(休月)



よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年01月05日

松元博子 初窯展 本日より

120105_03.jpg
改めまして、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。


120105_04.jpg
2012年の最初の展覧会は、霧島在住の作家松元博子さんの初窯展です。

博子さんの特徴であるトルコブルーの器を中心にお正月をイメージしてディスプレイしてみました。
博子さん自身も、器をハレの日に使って欲しいと思いながら作っているのでお正月などにピッタリ。

本日のオープニングパーティー(18:00〜)では、和田明さんによるミニミニJAZZ LIVEもありますので、皆様どうぞ遊びにお越し下さい。

余談ですが、和田くんはオーナーが鹿児島大学の非常勤講師をしていたころの学生でした。
まさか、こんな形で再会するとは思ってなかったので、どんな歌声を聞かせてくれるのか楽しみです。



松元 博子 初窯展
2012年1月5日(木)〜1月19日(木)(休月)



よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー