2012年11月10日

川野恭和 作陶展 XV

121103_kawano.jpg
現在、川野恭和さんの作陶展開催中です。

シンプルで使いやすく飽きのこない器たちです。

121108_04.jpg
ずらりと並ぶカップ&ソーサー

121108_03.jpg
丸皿も種類が豊富

121108_10.jpg

121108_12.jpg
今年は蓋ものがたくさん揃っています。
バターを入れたり、佃煮をいれてそのまま冷蔵庫へ。
使う楽しみが広がります。

121108_17.jpg
また、時計などもあります。

15日までの開催ですので、お見逃しなく。

こちらからFacebookページがご覧いただけます。→クリック


川野恭和 作陶展 XV
2012年11月3日(土)〜11月15日(木)(月休)

よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 17:37| Comment(1) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年09月22日

パンダ絵師あごぱん個展 「パンダ的解釈北斎之図」

120929_agopan02.jpg

次回展覧会は、鹿児島ではお馴染みの「あごぱん」の個展です。
今回は、北斎の絵からインスピレーションを受けた絵を発表します。



絵をみたひとが、なんとなく可笑しくて、ちょっと吹き出しちゃう絵を・・・私は心がけています。
葛飾北斎の絵には、コミカルで、そう、ちょっと可笑しくて笑える要素がたっぷりだと思うんですね。
そんなわけで、私のお気に入りの絵師、葛飾北斎の作品をサンプリングした、パンダ的北斎之図を、みなさまにおみせできればと思っております。

あごぱん

パンダ絵師あごぱん個展
「パンダ的解釈北斎之図」

2012年9月29日(土)〜10月18日(木)(休月)



よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年09月19日

洗面まわりのアイテム

洗面周りのアイテムも充実しています。

120918_02.jpg
大理石のボトル

120918_03.jpg
石けん置き

揃えて使ったら、かなり洗練された感じになります。


120918_04.jpg
こちらは、シュガー入れなのですが、洗面周りで使うとしたら、小物を入れたり、コットンを入れたりなどにおすすめです。

120918_05.jpg
こちらは、キャンドルホルダー
ろうそくの火を灯しながら、肌のお手入れなどいかがですか?




大理石の手仕事展
2012年9月8日(土)〜10月4日(木)(休月)



よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年09月15日

アンモナイトの洗面台

今回の展示で一番大変だったのが、このアンモナイトの洗面台!

120914_02.jpg
サイズ 長径105cm 奥行き50.5cm 高さ15.2cm

で、でかい。
写真で見た時には長径が50cmぐらいだと思っていたので、私が想像していたいサイズの倍!

120914_01.jpg

120914_03.jpg

アンモナイトの彫刻が施された洗面台です。
豊富な材料と確かな技術の職人がいるからこそできる仕事です。


ただ、なんといっても重い…。
ほぼ、石の塊なのでかなりの重量です。
ちょっとやそっとではびくともしません。

搬入の日には、前もって男手を2名頼んでいていたのですが、オーナー+男性2名だけではとても足りず、近所に住んでいる日本画家の方に来てもらったり、たまたま見にきた方にお願いしたりと、男性5名でやっと、やっと運ぶことができました。

展示できたのはいいのですが、搬出の時どうしよう…。
あまり深く考えずに最終日まで過ごしたいと思います。


オンラインショップにも掲載しました。→クリック



大理石の手仕事展
2012年9月8日(土)〜10月4日(木)(休月)



よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年09月13日

蓮モチーフの洗面ボウル

120908_bali.jpg
大理石の手仕事展開催中です。
今回の搬入は正直大変でした…。


さて、大理石の様々なアイテムが入荷しました。
まずは、蓮をモチーフにした洗面ボウルをご紹介します。

sink_001_a.jpg
サイズ 外径35×35cm 高さ14cm

sink_001_b.jpg sink_001_c.jpg

大理石の塊から彫刻されています。
こちらのサイズは35cmと小さめです。

サイズ違いもあります。
sink_004_a.jpg
サイズ 外径46×46cm 高さ18cm
色 オレンジ

sink_002_a.jpg

sink_003_a.jpg

こちらの46cmサイズは、オレンジ以外にも白とグレーがあります。


洗面ボウルはオンラインショップにも掲載していますのでご覧ください。→クリック



大理石の手仕事展
2012年9月8日(土)〜10月4日(木)(休月)



よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年08月19日

Libido ポートレイト展

120817_libido.jpg
鹿児島市内各地で同時開催しているLibido展。
17日(金)〜当ギャラリーでも始まりました。

ホワイトギャラリーでは「貌」にスポットを当てて全国の施設からセレクションしました。

120819_libido02.jpg

120819_libido01.jpg

120819_libido03.jpg

昨年、小谷元彦展@熊本市現代美術館に行った時、ちょうど「工房まる展」も同時開催していて作品を観る機会がありました。
その時に、面白いと思っていたので、今回展示ができて本当に良かったです。

今回の展示に合わせて塗った床のLibido色も必見です。

Facebookページにも数点アップしています。→こちらをクリック


Libido展公式サイト
http://www.shobu.jp/libido/index.html

「工房まる」福岡
松永大樹/柳田烈伸
http://maruworks.org/

「風の工房」長野
春原喜美江
http://kazenokobo.com/

「やまなみ工房」滋賀
吉川秀昭
http://www2.ocn.ne.jp/~yamanami/index.html

Libido ポートレイト展
2012年8月17日(金)〜8月31日(金)(月休)

よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年08月04日

夏を呑む酒器展 〜平泉秀博〜

本日ご紹介するのは、平泉秀博さん。

平泉さんは、今回のグループ展で唯一の鹿児島在住の作家さんです。
ご夫婦でグラススタジオ テーゲーという工房を構えています。


120802_02.jpg
技法/吹きガラス

結霜紋と名付けられたショットグラスとロックグラス。
飲み物を注いだらより一層涼しくなりそうです。


1986 東京ガラス工芸研究所卒業
1986〜95 (財)スウェーデン交流センター、小樽工藝舎、薩摩ガラス工芸
1990〜92  スウェーデンにて研修。
1996 川内市東郷町に工房設立。
2001 工房移設とともに新たに溶解炉を築く。

現代工芸美術展、金沢国際ガラス展、高岡クラフトコンペ全道展、日本クラフト展、 朝日クラフト展、西部伝統工芸展、各種公募展で入賞、入選。
現在、全国各地にて企画展、作品展を中心に活動中。

120802_03.jpg
こちらも結霜紋のワインカップ

120722_20.jpg
北欧風デザインのカラーグラス




夏を呑む酒器展
2012年7月21日(土)〜8月12日(日)(月休)


よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年08月02日

夏を呑む酒器展 〜松下高文〜

本日ご紹介するのは、松下高文さん

120721_05.jpg
技法/吹きガラス・アップリケ

ガラスの中に閉じ込められたお花や植物が、愛らしい松下高文さんの作品。
先に、細かいパーツをたくさん作り、巻き取ったガラスにアップリケをするように模様を描いていくそうです。


1971年 静岡県浜松市生まれ

1999年 東京ガラス工芸研究所 基礎科 卒業

1999年 財団法人 金沢卯辰山工芸研究所 ガラス工房 入所

2001年 財団法人 金沢卯辰山工芸研究所 ガラス工房 修了

     その後金沢市にてフリーランスにて制作

     関東を中心に全国で展覧会多数

2009年 兵庫県姫路市にて工房開設

2011年 姫路文化賞 黒川録朗賞受賞


120722_09.jpg
マットな質感のぐい呑みなど

120802_01.jpg
上からのぞくと底にもお花がちりばめられています。

120722_07.jpg
水に浮かぶお花や植物をイメージして作っているそうです。
飲み物を入れると植物がゆらゆらと揺れるようです。



夏を呑む酒器展
2012年7月21日(土)〜8月12日(日)(月休)


よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年07月28日

夏を呑む酒器展 〜中野幹子〜

本日ご紹介するのは、中野幹子さん。

120721_06.jpg
技法/吹きガラス・グラール・線刻・エナメル絵付け

優しい色合い、細かい絵柄が魅力的です。
器の中に物語があるようで、何度でものぞき込んでしまいます。

自ら吹いたガラスに、サンドブラストを施したり、自由に線刻した部分に色を差したりと手の込んだ技法を使っています。


120721_09.jpg
今回は、ぐい呑みを中心に展示しています。


120722_13.jpg

120722_14.jpg

120722_15.jpg




夏を呑む酒器展
2012年7月21日(土)〜8月12日(日)(月休)



よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年07月26日

夏を呑む酒器展 〜松岡装子〜

本日ご紹介するのは、松岡装子(まつおかなりこ)さん

120721_04.jpg
技法/エナメル絵付け

絵本から飛び出したような絵柄が印象的です。
猫、犬、馬、虫など、不思議な生き物たちの世界が描かれています。


1967 神奈川生まれ
1991 多摩美術大学卒業
1993 山梨県足和田村に工房を設立
2003 静岡県小山町に工房を移転
2008 神奈川県に工房を移転

120726_01.jpg
ネコと赤い花の小鉢

120726_02.jpg
ネコグラス

120726_03.jpg
草原高台鉢黒い馬

夏を呑む酒器展
2012年7月21日(土)〜8月12日(日)(月休)



よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年07月25日

夏を呑む酒器展 〜林久美子〜

夏を呑む酒器展 開催中です。

本日は林久美子さんをご紹介します。

120721_08.jpg
技法/エナメル絵付け

林久美子さんは2007年に個展を開催していただきました。
色鮮やかで楽しい絵柄のガラスたちです。
下書きもなくイメージのまま一気に描き上げていくそうです。


武蔵野美術大学工芸工業デザイン科卒業
Atelier coo 主催

個展
1994年〜 銀座遊びのギャラリー(毎年)
1995年〜 玉川高島屋アートサロン(毎年)
1996年〜 博多大丸百貨店
札幌清楓社、名古屋丸栄工芸サロン
神戸服大丸ギャラリー、福岡三越あ・うんギャラリー
1999年〜 アメリカ・サンフランシスコ FUMIKI
2005年〜 アメリカ・ニューヨーク Cornelia Day Resort

NHKおしゃれ工房 とっておきのクリスマス出演
日経KADENZA−ガラス作品1995〜1997年 年間表紙掲載
日本経済新聞社「今日のことば」1996年度 表紙デザイン
東京メトロ 南北線四ツ谷駅ホーム壁画デザイン (160m)
東京メトロ 丸の内線茗荷谷駅ホーム壁画デザイン (120m)
静岡FOOD STORE AOKI 壁画デザイン(33m)
アートコーヒー霞が関店Shopオーナメントデザイン・制作
銀座三越7F Shopオーナメントデザイン・制作
武蔵野美術大学 特別講師

120722_01.jpg
ワイングラスやぐい呑み

120722_02.jpg
片口とぐい呑み

120722_03.jpg
ワイングラスと、使い勝手の良さそうなタンブラー


599798_412841842084648_582413059_n.jpg
オーナーと林久美子さんは大学の先輩後輩!
オープニングパーティーに参加してくださり5年ぶりの再会でした。


夏を呑む酒器展
2012年7月21日(土)〜8月12日(日)(月休)



よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年07月17日

夏を呑む酒器展 〜佐々木 俊仁〜

夏を呑む酒器展より、第二回目は佐々木 俊仁さん。

120721_02.jpg

120721_03.jpg
技法/吹きガラス

写真の作品は「時の花」と題されたシリーズ。
色を何層にも重ね、その表面をけずり模様をだしています。

佐々木俊二さんはオーナーが、東京のギャラリーに行った時に出会った作家さんです。
現在展覧会開催中の加藤委さんとも交流があり、加藤さんのガラス作品の制作も手伝ったりしているそうです。

これからが楽しみな若手作家です。


略歴
1987 岩手県生まれ
2007 秋田公立美術工芸短期大学 工芸美術学科 ガラスコース 卒業
2007 glass studio punty 勤務
現在 富山市ガラス工芸センター 技術部スタッフ

個展
2010 佐々木俊仁ガラス展(ギャラリー瑞庵/富山)

展覧会
2009 一輪挿し展(ランカトルグカフェ/栃木)
   カラフル展(富山ガラス工房ギャラリー/富山)
   スタイル展(富山エクセルホテル/富山)
2010 SUGOROKU(富山)
2011 スゴロク屋(アートスペースカワモト/富山)
    ガラス風鈴展(工芸空間フゾン/石川)

受賞
2009 越中アートフェスタ2009(富山)入選
2010 ビアマグランカイ8(北海道)入選
    越中アートフェスタ2010(富山)入選
2011 第5回 酒の器展(石川)入選
    金屋町楽市(富山)大賞
    越中アートフェスタ2011 佳作







夏を呑む酒器展
2012年7月21日(土)〜8月12日(日)(月休)



よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年07月15日

夏を呑む酒器展 〜岡田多恵〜

120721_glass.jpg
7月も半ばに入り、本格的な夏がやってきます。
暑い夏にあわせてガラスの展覧会を企画しました。

独自の技法で活躍する作家さんたちに「酒器」をテーマに制作してもらいました。
7人の作家さんたちをそれぞれ紹介していきます。

第一回目は、岡田 多恵さん
120721_01.jpg
技法/パート・ド・ヴェール

パート・ド・ヴェールとは、フランス語で「ガラスの練り粉」という意味です。
ガラスの起源、メソポタミア時代から伝わる「幻の技法」とも言われています。
パート・ド・ヴェールは行程が多く、作業時間もかかる為、量産出来る吹きガラスの登場とともに衰退しました。
この技法は、粘土やワックスを原型にして型を作り、その中に砕いた色ガラスに糊を混ぜたものを詰めて焼成し、ガラスを型に鋳造するテクニックです。


岡田多恵さんは、浮世絵の歌川広重、絵師の伊藤若冲、花札などをモチーフに、絵柄をレリーフ状に立体化し、酒器やそば猪口を制作しています。

手間を惜しまず、グラスに込められた岡田さんの世界。
実際に手にとって見るのが楽しみです。





岡田多恵 岡山県在住

1999年 倉敷芸術科学大学 芸術学部 工芸学科 ガラスコース卒業
2001年 高岡クラフトコンペ入選
2002年 金沢one・わん大賞入選(’03)
    伊丹国際クラフト展入選(’08)
2003年 グループ展 工房イクコ(倉敷) (’08・’10)
2004年 グループ展 ガレリイ・キルシュ(東京)
2005年 個展 ギャラリーさとう(岡山)
2006年 岡山県美術展(’08・’10)
2008年 ArtBoxサラサ個展(岡山)  (’09・’10)
2009年 グループ展 ギャラリーやぶき(岡山) 
     グループ展 ギャラリーしをり(倉敷) 
     グループ展 ギャラリー天心(兵庫)
2010年 グループ展 グラスギャラリーアルデバラン(東京)
     岡山県美術展 県展賞
2011年 個展 サボア・ヴィーブル(東京)


夏を呑む酒器展
2012年7月21日(土)〜8月12日(日)(月休)



よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年07月10日

加藤委 オブジェ

2012-07-10 15.44.34.jpg
加藤委と聞いて、ぱっと思いつくのがこういった形状のオブジェ。

土の塊から切ったり、ちぎったり、ひっぱったり、制作している時の息づかいが聞こえてくるようです。

120707_12.jpg
加藤さんは、ガラスの作品の制作しています。

どちらにも共通しているのが、一瞬の美しさを切り取るところだと思います。

ガラスの作品も2点ほど来ています。


今回、オブジェの展示はありませんが、「陶」vol85 加藤委(京都書院)もギャラリーに置いてありますので、あわせてご覧ください。


加藤委 陶展
2012年7月7日(土)〜7月19日(木)(休月)

よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
タグ:陶芸 加藤委
posted by meg at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年07月07日

加藤委 陶展

120707_koto.jpg
「加藤委 陶展」はじまりました。
作家の加藤委(かとうつぶさ)さんは、岐阜県多治見を拠点として活躍しています。
国内だけにはとどまらず、ニューヨークなどでも作品を発表し高い評価を受けています。


120707_08.jpg
エッジの効いたフォルムで、軟らかい土から一瞬の美しさを切り取ったような作品です。

120707_03.jpg
中央にたまった釉薬が美しいです。

本日、作家の加藤さんもいらっしゃっています。
お時間のあるかたは、是非オープニングパーティーにご参加ください。


持ってきてもらった「やきもの探訪」のDVDもとてもおもしろいです。
魚をさばくように作品を作っています。
この時がきっかけで、映画監督・河瀬直美とのコラボレーションが始まり今も続いているそうです。

映画「火垂」では、加藤さんが窯場を提供しています。



加藤委 陶展
2012年7月7日(土)〜7月19日(木)(休月)

よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
タグ:陶芸 加藤委
posted by meg at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年06月28日

野村知紗 靴個展 始まりました

120627_02.jpg
「野村知紗 靴個展」はじりました。

会場は心ときめく靴がずらりと並んでいます。
野村さんは「VERO TWIQO」というブランドを立ち上げてから6年。
初期の頃にデザインした靴から最新の靴まで展示しています。

120627_06.jpg
「デビル」と題されたハイヒール
紐の先は、小悪魔チックになっています。

120627_05.jpg
水しぶきをイメージさせるハイヒール。

120627_02.jpg
大胆なストライプ柄。

120627_10.jpg
ストライプ柄の紐靴。


会期中は、野村さんが在廊してフィッティングしてくれます。

靴の悩みは、人それぞれ、例えば右と左と若干サイズが違う…。
そういった相談も受けてくれ、その人に合ったサイズの靴を作ってくれます。

会場にある靴で、サイズが合えばお持ち帰りいただけます。
サイズのないものはオーダーになり、約3ヶ月後のお引き渡しになります。

120628_01.jpg
靴によっては、後ろにロゴマークが。

120628_02.jpg
こちらも、自分な好きな色を選んでオーダーすることができます。
左と右と違う色にしても面白いですね。







ドラマティックな一歩
野村知紗 靴個展

2012年6月27日(水)〜7月5日(木)(休月)

よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
タグ: 野村知紗
posted by meg at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年06月21日

野村知紗 靴個展

120627_nomura.jpg
次回展覧会は「野村知紗 靴個展 ドラマティックな一歩」です。
ホワイトギャラリーも靴の展覧会は初めてです。

樹木のような革でできたひも靴
小悪魔が履いているような靴
水滴が飛び散ったような素材のパンプス
ストライプのハイヒール

どれも履いてみたい一足です!


野村さんは、若手シューズデザイナーで「装苑」や「NHK 美の壷/ハイヒール」で紹介されたりと、活躍している若手クリエーターの一人です。

120616_01.jpg
装苑「4月号」掲載
見開きで紹介されています。
この古いマンションを改装したアトリエ兼、ショールームも面白そうです。


今回は、鹿児島で初の個展ということで、定番のひも靴やパンプスも持ってきていただきます。
カタログに載っていない新作も来るそうです。
サイズなどの問題がありますので、フィッティングをしてからの受注生産となります。
会期中は、野村さんが在廊していますのでワンポイントのカスタムオーダーも可能です。



DMのテキストより

靴として美しいか、存在としてクレイジーか。
その二極を大切にものづくりを行うVERO TWIQO (ヴェロ・トゥイコ) の靴個展を開催します。
ワンポイントのカスタムオーダーも可能です。
ドラマティックな一足を見つけに、ぜひお出かけください。


http://verotwiqo.com
↑トップページのアニメーションも面白いです。


ドラマティックな一歩
野村知紗 靴個展

2012年6月27日(水)〜7月5日(木)(休月)

よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
タグ: 野村知紗
posted by meg at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年06月10日

クリストファーM.ガストン展 始まりました。

120609_01.jpg
「クリストファーM.ガストン展 GENKI GAMMA」始まりました。

焼き物を中心に、桐箱にペイントした作品も展示しています。

120609_07.jpg
毎回作風を変えてくるクリス。
今回は、ピンク、紫、ブルーなどのラスター彩や、白ベースにブルーやピンクで模様を描いた涼しげな作品です。

120609_11.jpg

120609_13.jpg
所々に施された金彩が効いています。


120609_05.jpg
このキャラクター(?)は、彼が3歳の頃から描いていたそうです。
イメージはエンジェル。
彼のイメージはエンジェルですが、見る人が自由にイメージして欲しいと言ってました。

Facebookページにも写真を数点アップしています。
こちらをどうぞ!→クリック




GENKI GAMMA
クリストファーM.ガストン展


よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年06月06日

クリストファーM.ガストン展

120609_chris.jpg
2年置きに開催しているクリストファーM.ガストンの展覧会。

今回はタイトルに「GENKI GAMMA」
GAMMAは、電気のガンマ値からきていて、
電気窯、元気などといろいろな意味を込めてあります。

彼も東日本大震災で被災し、窯や多くの作品が壊れてしまいました。
現在は、三重県に窯を移し心機一転頑張っています。

オープニングパーティーを始め、会期中彼も在廊していますので、ぜひ遊びにお越しください。funnyでとってもいいやつです。

http://xenovision.net/

GENKI GAMMA
クリストファーM.ガストン展


よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー

2012年06月03日

中之間ともこ絵画展 あしたのいろ より

現在開催中の「中之間ともこ絵画展」より

120602-01.jpg
左から「予感」「青の心」「夜を描く人」
ちょっと大人びた雰囲気の絵です。

120527_01.jpg
「6月の庭」
この「○月の庭」のシリーズは、誕生花をテーマに描かれています。
今は、6月と9月を描いて、数年かかるとは思いますがいずれは全部の月を描きたいそうです。
自分の誕生日の絵があったらつい欲しくなりますね。

120531_01.jpg
「6月の庭」シリーズ





あしたのいろ
中之間ともこ 絵画展

2012年5月26日(土)〜6月7日(木)(休月)




よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ
posted by meg at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ギャラリー