2016年01月15日

写真家 下薗詠子 ドキュメンタリー

光と闇を見つめて 〜写真作家 下薗詠子〜

いちき串木野市在住の写真作家・下薗詠子。心に闇を抱えた人々に肉薄した写真集「きずな」が写真界の芥川賞とも言われる木村伊兵衛賞を受賞し脚光を浴びた。しかし下薗は、その後も写真の可能性を広げようと模索を続けている。故郷・いちき串木野で過ごす中、下薗は複数の写真を重ね合わせる新たな手法に行き着いた。下薗は更なる高みを求めて、熊本・阿蘇へ向かい、光と闇の世界を切り取る。これまでにない写真世界を生み出そうと格闘する下薗の創作の裏側に密着。


かごスピ(鹿児島のみ)
1月15日(金) 午後7時30分〜7時55分 総合
1月17日(日) 午前7時45分〜8時10分 総合 (再)



よろしければ、ポチッと押してくださいね。
人気ブログランキングへ

タグ:下薗詠子
posted by meg at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/172000712
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック